うつ病で会社を辞めて無職になった結果www

【現在はてなblogへ移行中です。。】うつ病になりました。転職を考えずに退職しました。現在は無職。収入は嫁さんの給料。そんなヤツが「うつ病」について語ります。

スポンサードリンク

うつ病は寒くなると悪化する場合があります。何も考えずに暖まりましょう!

スポンサードリンク


http://miscellaneous-notes.club/wp-content/uploads/2017/10/C777_kotatudesenbeitaberudansei_TP_V.jpg

 

こんにちは。管理人です。いやぁ~、もうね、急激に寒くなるので衣替えとか間に合わないですよね…。実家が急きょコタツを出してましたw。賢いと思ったw。電源を入れなきゃ、ただのテーブルですから便利ですw。

 

といいつつ、我が子は意味不明でして、長ズボンを出してあげたのに、半ズボンを履いてコタツに入ってました。やっべー俺に似てしまったようでアホかもしれませんw。とはいえ…。10月後半は、また暖かさが戻るようなんだけれども…。どうなった地球w。

 

さて、今回は「うつ病は寒くなると悪化する」という記事です。僕が「うつ病かな?」と感じたのも「秋」でしたね…。うつ病に罹って治って~を体験しましたが、未だに「うつ病になった秋」というのは、なぜか思い出してしまいます。。まぁ治ったので、そこから再発しないので良しとしましょうか。。

 

 

寒くなると原始的な本能が刺激されます。俺がうつ病の頃は本能が何も欲しなかった(汗

http://miscellaneous-notes.club/wp-content/uploads/2017/10/USAGI0I9A6075_TP_V.jpg

 

食欲の秋…。とにかく眠たい…。人肌が恋しい…。など、寒くなると、夏には考えられないような欲が出てきます。多くは原始的な本能が刺激されているような感じがしますね。食欲、睡眠欲、性欲…。いずれも命に関わる事ですので、おそらく人類は長い間「寒さ」と命懸けで戦ってきたんだと思われます。

 

一方、僕がうつ病に罹った「秋」は、こういった本能的なモノが湧いてきませんでした。食欲と睡眠欲が、特に出てきませんでした。。食欲ですが、うつ病が重症になると全く食べる気が起きません。

 

が、気付けばベルトが緩くなってきて、そういえば食べてないなぁ~という日々が続きます。流石に死んでしまうと感じたので本能ではなく理性をもって無理やりコッペパンをクチに押し込んだのを覚えております。睡眠も酷かったです。帰宅しても脳ミソが覚醒したママになってしまって、就寝は3時、4時…。

 

それでも布団に入って寝ようとするんですが、ずーっと仕事の事を考えていたら、気付いたら眠ってて、あっという間に朝です。あまり眠いと感じない不思議な朝を迎えていたんですが、当然ながら昼間に死ぬほどの睡魔に襲われたり、そのまま無理して日々を過ごすので、もう寝ているのか起きているのか分からなくなります。。

 

一生懸命に作ったスケジュールは夢でした!ってのを覚えてます。。恥ずかしながら(?)性欲は普段より下がりましたがゼロにはならなかったです。。本能的には欲していたけど肉体的に疲れきっていたので少し減った、程度だったと思われます。。個人的には「睡眠欲 > 食欲 > 性欲」だと思っていたんだけれども、僕は違ったみたいですw。

 

 

寒い=ネガティブ+日照不足なので、徐々に徐々に暗い気持ちになります。活動の選択肢も減ってしまいます。。

http://miscellaneous-notes.club/wp-content/uploads/2017/10/SAYA160105583198_TP_V.jpg

 

寒いというのはネガティブ要素があって、夏にかき氷を食べて「寒くて美味しい!」とは表現せず、「冷たくて美味しい!」が普通ですよね。なので寒いのは辛い、苦しいという気持ちに発展してしまいます。また、気象条件としても、寒いというのはお日様が低い、つまり、気候で寒いと感じるという事は、日光を浴びることで出るハズの「セロトニン」が少ないハズです。季節型のうつ病の原因の1つには「生活圏の日照量」が関係していると言われてもおります。

 

また、寒いという事で、活動量も選択肢も減ります。動きたくなくなるんですよね。。1カ月前は布団を跳ねのけていたのに、今じゃ寒くて布団から出られません。。公園に遊びに行こう!と子供に誘われても、おっしゃー!遊びにいくか!!というノリではなく「お家でユーチューブ見ないか?」と誘ってしまいますw。

 

人間、活動量が減ってしまうと、どうしても余計な事を考えてしまうもので、ガムシャラにゲームしてたり、美味しいモノを食べているときには、先が見えない将来の事は考えません。感傷に浸るのは、はやり手空きの時間ですからね。なので、秋のうつ病は、寒くて活動量が減るため、ネガティブな感情の連鎖みたいなのが起きやすくなると考えられます。

 

 

うつ病だと、なかなかネガティブな気持ちを払拭できない。

http://miscellaneous-notes.club/wp-content/uploads/2017/10/KK_9V9A5515_TP_V1.jpg

 

本当に苦しかったです…。とにかく悲しい。何が起きても悲しい。嬉しい、楽しい事が起きても、勝手に「悲しい」に連想、気持ちが変換されてしまいます。息子の誕生日を素直に祝えなかったのが今でも忘れられない。

 

この子が成長したら、こんな親だから~って責めてくるんだろうな、この子を幸せに出来ないんだろうな、この誕生日も、きっと大きくなったら忘れちゃうんだろうな、ああ、誕生日が終わったら、また仕事か…。そういえば、息子は先週に風邪を引いてたな、実は大きな難病を抱えているのかもしれない。。。。。等と、信じられないくらいネガティブ

 

一度でも気分が沈んでしまうと、ほぼ何が起きてもネガティブに脳内変換されてしまいます。これを止めるには、寝るか仕事するしかなかった。通院していれば処方薬があるので違っていたのかもしれませんが。ネガティブになるのに疲れると、今度は思考停止するんですよね。喜怒哀楽がない。脳がネガティブな思考をシャットアウトしようとしてるのかもしれませんが。んで、我に返るというか、ちょっと意識レベルが上がると、また気持ちが沈み続ける…。

 

そんな時に本当に悪い事が起きます。今度は呼吸が難しくなったり、震えたり、目眩がしたり、気を失ったり…。身体に変調が起きると、心が受け入れることができる「悲しみのキャパシティ」が広がってしまうんです。こうなってしまうと、うつ病も末期になってしまい回復も遅くなります。心が回復する前に、まず身体の変調を治さなきゃいけないので、その分だけネガティブな気持ちを味わう時間が延びてしまうんです。

 

 

寒いから暖まる。勝手に気持ちが晴れてくれます!何も考えずに暖まりましょう!!

http://miscellaneous-notes.club/wp-content/uploads/2017/10/C777_kotatudesenbeitaberudansei_TP_V.jpg

 

寒いとネガティブな気持ちが「基本」になってしまいます。でも、これを逆転する方法がある。非常に単純なんですが暖まるだけでOKです。ネガティブな気持ちが晴れて平常に戻ってくれるどころか、むしろポジティブになります!

 

冷え切った身体で帰宅して、まずはストーブを焚きます。んで、着替えてからストーブに当たると…。心も温まりますよね。寒い中、自動販売機を見付けたのでホットの缶コーヒーを買う。飲んだら自然と顔が緩みます。ジワジワと暖かくなるのは効果が薄いんですよねw。寒い状況を一気に温めてくれるギャップが良いみたいですw。

 

湯船に浸かる瞬間、おでんの一口目、コタツに入った瞬間、暖房便座に座った瞬間w、今は珍しいけど、昔は豆炭アンカというモノがあって、布団に忍ばせて温めていたんですが、あの暖まった布団に入る瞬間w。強烈に心地よかったのを覚えてますw。

 

なので、寒いとネガティブに偏りがちですが、一気に暖まる事で簡単に気分は回復してくれます。もし、寒くて気分が塞ぎ込んでしまっているのならサッと暖まってみませんか?たちまち気分が良くなって、うつ病を治してくれる小さな引き金になってくれるかもですよ??

 

カルピス ほっとしょうが はちみつ仕立て(希釈用) 450ml

カルピス ほっとしょうが はちみつ仕立て(希釈用) 450ml


Amazonで確認
ミツウロコ 豆炭アンカ 暖房費の節約に!

ミツウロコ 豆炭アンカ 暖房費の節約に!


Amazonで確認
『皇朝』中華点心飲茶セット 5種類34個入り(Aセット)

『皇朝』中華点心飲茶セット 5種類34個入り(Aセット)


Amazonで確認