読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病で会社を辞めて無職になった結果www

【現在はてなblogへ移行中です。。】うつ病になりました。転職を考えずに退職しました。現在は無職。収入は嫁さんの給料。そんなヤツが「うつ病」について語ります。

スポンサードリンク

うつ病で「心」を強くするには「受け入れる」事が良いかもしれません。

スポンサードリンク


http://miscellaneous-notes.club/wp-content/uploads/2016/08/80b78dc0fa63d6ff04e3baf8b5ada418_s.jpg

こんにちは。管理人です。さて、うつ病について、自分で感じた事をインターネットに
照らし合わせて、様々な意見を取り入れる日々なんですが、ちょっと気になる書き込みを見付けました。

 

それは「うつ病って思考と行動の習慣病」と指摘してる文章。。


何となく分かる、分かる気がするけど、うつ病を経験した僕から言わせてもらえば、その習慣は様々な要因によって変わっていくんだ!という事。

 

なので、うつ病を防ぐであろう「心を強くする」っていう習慣病に、自ら変えていくしかない!とも思う。

 

ちょっと難しいテーマになりますが、心を強くするために「受け入れる」という事について記事にしてみました。
(なかなか文章がキレイに纏まりませんでした。。すみません汗。)

 

 まず自分の心が弱いなぁ~と感じた事を思い出す

http://miscellaneous-notes.club/wp-content/uploads/2016/08/062ca62d8f9377a711fe79f4836b70d7_s.jpg

いわゆる「トラウマ」と呼ばれるような思い出ではなく、他人から心の弱さを指摘されるような事を思い出してみました。

 

幼少期の僕は、とにかく「他人から悪く評価される」ことに非常に敏感で、些細なことで大ダメージを受けていたと記憶してます。

当時、ドッジボールが大流行りしていたんだけど僕は苦手でしたw。で、苦手なりにも休み時間になると参加していたんだけど、苦手意識からか、友人に「やる気のない奴は邪魔だ!出ていけ!」と言われました。


言われた当時は、とっても傷付きましたねw。流行ってて楽しそうだから参加してるんだけどな、とか、苦手だけど「やる気がない訳じゃない」とか、色々と誤解されてるのを、とても悲しく感じたものです。

 

他人の心が弱いなぁ~と感じた事を思い出してみる

http://miscellaneous-notes.club/wp-content/uploads/2016/08/5cf9d2d86c3b8b8fda485b01e1714077_s.jpg

やはり我が子と接していて、非常に繊細だなぁ~と思う事が多々ありますw。

 

長男が娘の授乳を微笑ましく見ていたのに、ある日を境に見ないようになったんですね。やっぱり男だからママのオッパイを見るのはチョット…、そんな意識が長男に芽生えた様子でしたので、少し長男をイジったんですw。

 

「別にお前も吸ってたんだし微笑ましいじゃねぇか、見たってねぇ。」とw。そしたら長男が激しく怒り出し、そして号泣…汗。

 

きっと「スケベな気持ちでママのオッパイを見ているんじゃないか?」と間接的に指摘されたと感じたんでしょうか、恐ろしく繊細だなぁ~、と、感じました。

 

 

じゃあ、心が弱いと感じた反応を「反転」させてみる

http://miscellaneous-notes.club/wp-content/uploads/2016/08/7d252cd3de50f22a88ca8160dab8f76e_s.jpg

上記のドッジボールについて、もし、今現在、全く同じ状況だとしたら、トレンドに乗ってないと!っていう同調圧力みたいなものも無視して去るだろうし、自分で楽しい事を見付けたりしただろうし、ちゃんと「やる気がない訳じゃないだけど?」くらいは言い返してると思います。

ドッジボールは楽しいと感じていたんだから「やる気がない訳じゃなくてボールをキャッチするのが苦手だから教えてほしい」と、お願いしたりするかもしれません。

 

大好きなドッジボールなんだから「やる気がない」と他人から映ってしまう自分を変えたい!と、他人の評価を受け入れて、かつ、善処するように行動できていると思います。

 

 

結局は「受け入れる」事が心を強化できるんだと気付けた!

http://miscellaneous-notes.club/wp-content/uploads/2016/08/80b78dc0fa63d6ff04e3baf8b5ada418_s.jpg

ここまで考えて色々と分かった事があります。

まず「やる気のない奴は邪魔だ!出ていけ!」と言われて悲しんで終わってしまったら…。心は弱ったままです。

 

次に「やる気がない訳じゃないだけど?」と反論するだけだと、それは逃げる事で傷付きませんが、何も改善されません。心は強くも弱くもなく葛藤したままです。

 

でも最後に「ボールをキャッチするのが苦手だから教えてほしい」とお願いするのは、他人の指摘を受け入れてますから、誤解されているのは少し傷付いたかもしれませんが、その誤解も解けて、さらに前向きに行動しているので、心が強くなれてます。

個人によって判断は違いますが、冒頭の「うつ病って思考と行動の習慣病」っていう点、おそらく心を弱わらせる行動、弱くも強くもせず葛藤させる行動を、自然に積み重ねているのが原因かもしれません。

また、自分で自分を受け入れると「これでいいやw」と思うのも大事だそうです。どうも次がない、思考停止してしまいそうでイヤだと思う時があったんですが、精神的には違うみたいですね。

 

悲しみもない、葛藤もない、そして前向きに行動している―。受け入れる、といった「選択」は、意識せずとも自然に心を強くしていくんだろうと思ってます。